Contact

© 2017 by Hiroshi Kariya. all rights reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

July 26, 2019

旧式の炭素測定法による大雑把な現代地球時間で、ざっと二百万年もの前に「存在」は自らを「意」とした。

その意を「識」ろうと物質次元に下ろそうと「思」った。

「思う」とは「心」が「田」次元下を図ることである。

これが「意図する」という表現を導くのである。

それは「想像」され、三次元下に「もの」として「創造」された。

「心象」の物質化である。

これらは「同時」に起こり、そして現在も起こっている。

存在が存在たるには、存在しつづけてい流という前提である。故に存在とは、必然現在進行形なのである。


それは地上での数十万年の出来事でもある。

後日に、エフェメラル...

November 23, 2018

I certainly that I stepped into the space of mizuma Art Gallery exhibition was held twice. But at that time I was wondering where I really was? How I could think like the way I feel from this exhibit to see the detail consists of more equal-sized pieces and also superi...

確かに筆者である「私」はこの展覧会が開催されたミヅマアートギャラリーの空間に2度足を踏み入れた。しかしその時「私」は一体どこに存在していたのだろう?こんなことを考えてしまうのは、この展示を見ることが、細部は多くの同サイズの小品から構成されながらも優れて全空間的な経験だったからである。そしてその空間は単なる一つ一つの作品の和とは次元を異にしたものだったのである。

刈谷博が1984年から豆粒に書き続けているという「the now is」という英語の言葉を筆者なりに考えてみたい。「the」という指示代名詞によって固有化された「now」今とい...

January 30, 2018

刈谷は作品を「田んぼ」と形容しているが、私の想像するに、作品が並べられた展示風景は、むしろ、無限の時空を内包する、事象の「海」のような外観を呈するのではなかろうか。その海の表面に、個々の事象=豆粒が浮かび上がるように現前する。

January 29, 2018

   "Now" is like the crest of a wave, risen up from the infinite surface of the sea of space-time.

   It seems to happen quite often to us when we are children: we run into a complex philosophical problem, and fall into deep thought about it. In my case, once when...

January 28, 2018

Mizuma Art Gallery is pleased to present KARIYA Hiroshi's solo exhibition "It Is All About the One Piece, and Millions of Others", from Saturday 13th January 2018.

Born in 1948, Kariya moved to the United States in 1977 and has been based in New York ever since. Throu...

October 22, 2017

Article/ The Philadelphia Inquirer, newspaper, 3.18, 1990

The task that Hiroshi Kariya has set for himself is daunting- to express through art the unity of all people, places and things in the universe throughout the eons that the universe has existed.
He has confront...

倉林靖 「開放系」カタログ評論文、水戸芸術館、1994年

刈谷博の個展『追悼1992』に初めて訪れたときの印象は鮮烈だった。展示会場は一階と三階に分かれていたが、まず「18面経」と題された一階に入ると、廃棄物を袋につめることによって作られた人体が何体も横たわっている。その人体は紐で梱包されており、そこにはチョークで雑然と英文が書きなぐられた黒板の断片が幾つも結び付けられている。何だか分からないが、なにか人間と社会に関わるのっぴきならないメッセージが封印されているのだ、と予感される。


「415 Palestinians」と題された三...

August 14, 2017

Hiroshi Kariya's solo exhibition, "In Memory of 1992", was simply striking. The exhibit spaces were found on the first and third floors. On the first floor was "18 Wraps". Eighteen bodies made of trash bag, transparent plastic sheet, canvas, paint cloth, and cardboard,...

Please reload

Recent Posts

July 26, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square