2000s    2020    ARCHETYPE

             2018    O.KOPYRUSHA

1990s     1998    OMATA IZUMI

             1998    ERIC MEZIL

             1996    M.MIYATAKE

             1995    A.M.WEAVER

             1994    Y.KURABAYASHI

             1994    S.WATANABE

             1990    W.SOZANSKI

1980s     1979    OTHERS

 
IMG_2842.JPG
 

Wounded Mother and Her Children

Story

  The installation represents a prolonged act of meditation on immortality.

  All pieces of the work, including scattered dust, have places to fit for returning to its origin.

  "Don't just dump it, go and pick it up"

  says my grandpa.

"There is nothing unnecessary, nor useless for all fragments".

They could re-assembled, it's a nature that resume to the original system again.

  In the same manner, every one in "Creation" is a piece of one built into the function.

  "Trash is God, Dust is Buddha", so is

  "God is Trash, Buddha is Dust". 

 

   There should be no unnecessary,

nor no fragments with no place to go...

says my grandpa.


  There must be a place where everything fits in a large puzzle.
And anything is a piece of Gods, a large puzzle that keeps becoming an essential part of the mechanism.

  As I was a child and still is, we've been told to such a manner from my grandfather.

  This work was born inspired by the catastrophe, large scale of earthquake hit, then Tsunami attacked in Tohoku, Japan, on March 11, 2011. As this work dedicated for the people who were shed home, people of deceased or missing, and with my missing relatives, friends.

  This becomes a message to all spirit that they never varnished, yet they are one of those essential part of the systems, they exist in different form in this universe. (related article by W.Sozanski)

  Images adopted here is from my hometown Kamaishi, first shocking image jumped in NHK broadcast video of Tsunami wave, and photo scene from my sis's destroyed home after Tsunami.

祈りの壁「傷ついた母とその子供たち」
ものがたり

 作品の全ての破片は散り散りになった粉塵も含め、もとに戻るための収まるべき場所/法則がある。

 「役立たない破片、不要な破片などというものは何ひとつない」

 「捨てたって?、拾って来い」

 「立て直せば、元通りになる」

 「創造」の中にあるすべてのひとつひとつは、機能に組み込まれつづける「ひとつ」の破片である。その「ひとつ」はまた「創造」の全ての所以を備えつゞけている。

 「瓦礫も神、塵も仏」言い換えれば、

 「髪も瓦礫、仏も塵」。

 不要な破片などない、行き場所の無い、所以のない破片などというのは何一つとてないのだ。(関連掲載記事:W. ソザンスキー)


 すべての断片/片割れは、

 大きなパズルに収まる場所を持っている。

 彼らが存在から消えてしまうということは決してない。

如何なものも、形が変わろうと大きな神仏の一片、仕組みの「要」だ、と幼少の耳の記憶の片隅に祖父の声がずっとへたりついている。

 この作品は、2011年3月11日東北に起こった大地震、大津波によって家を流され、亡くなられた、又は行方知れずになられた方々や、私の親戚、友人たちの霊からの縁があって生まれた。

彼らは姿を変え存在している、と伝えているのである。

 その日の早朝、最初に呼び込んできた驚きの映像は、釜石のチリ地震津波以来から常設されていたカメラがとらえた偶必の「NHK緊急ニュース」である。怒涛の勢いで破壊され逆流する家々、粉々に砕かれ分散し逆流に乗る建物、船、車、電信柱、家具、それらは私の故郷の打ちのめされる光景であった。

 ここの一部掲載イメージは、津波によって破壊され残骸が伝える妹の家のすさんだ記録写真である。

 
 
IMG_1011
IMG_1011
IMG_1010
IMG_1010
IMG_1009
IMG_1009
IMG_1008
IMG_1008
IMG_1007
IMG_1007
IMG_1006
IMG_1006
IMG_1005
IMG_1005
IMG_1004
IMG_1004
IMG_1003v
IMG_1003v

ABOUT ARTIST

   Hiroshi Kariya, born in Japan, is a New York-based meditation sculptor and painting artist. The artistic practice of free and diverse play, including sculpture, painting and installation, continues to explore meditation aesthetics with objects through random encounters with materials, reconstructed situations and spatial concepts.

 

   Kariya's art is based on the image, the structure of the Sanskrit word “sutra”. Translated literally, thread (to bind the pages of a book), code, sacred code or measurement line. He uses this concept to connect all relevant matters and problems, including the process and construction of physical work.

   Kariya composed his Sutra, with three words "the now is”, his signature tool, the key element to contemplate, that all is, simultaneously one unit. It is to focus with events, objects, people, whole universe, or multiverse, including time, space and concept of all knowledge.

   And these words are written millions of times on the works. Writings of three words, they convey an index, a sense of immediacy and the present tense, in which Kariya experiences through the endless creation of each work.

   It is to examine the memory roots of his own belief system code through the components of his work. The destination of the grid that distinguishes the illusion from its reality What is "the" What is "now" What is "is" What is then the index "the" is from? to point what? now, then "is".

  Kariya has exhibited early at the MOMA PS1 "Sound Show, special project: Meditation" 1979. Exit Art "Sutra", 1989. ICA Philadelphia "Sutra: One thing in everything: everything in one thing", 1990, then follows various institutions, museums and galleries. 

 

ABOUT

 日本生まれの刈谷博は、ニューヨークを拠点とする瞑想彫刻、絵画作家。彫刻、絵画、インスタレーションを含む自由で多様な遊びの芸術的実践は、素材とのランダムな出会い、再構築された状況、空間的概念を分解浄化し、オブジェクトを用いた瞑想法を探求しつづけます。

 刈谷の芸術は、サンスクリット語「スートラ」のイメージに基づいています。直訳すると糸(本のページを合冊するための紐)、暗号、神聖なコードまたは測定線を意味します。彼はこの概念を用いて物理的な仕事のプロセスと構造を含むすべての関連事項や諸問題を結び付け分解し考察しつゞけます。

 刈谷のスートラ=お経は、彼の代名詞ともなったツールで「the now is」という三つの言葉で構成します。これは、全ての存在を一点に統合する黙示概念の指針・表現・実在であり、イベント、オブジェクト、人、小片、宇宙、概念、思い、迷いも含むすべてが同時に発し同時に帰結する瞑想の道具です。

 そして、これらの言葉は作品に何百万回も記述されつゞけます。 三つの言葉で記述された物質・オブジェは、各作品の制作を通して刈谷が体験するインデックス(指針)表象性、現在性を表現しつゞけるのです。

 それは、自身の信念体系コードのルーツを作品の構成要素に変換して検証しつゞけるという実践なのです。イリュージョンと現実とを見分けるグリッドの在りか、その先を 「the 」、「now 」、「is」、そして「the 」は何処から?何をという指針を示しつづける行為なのです。

 刈谷は、早期1979年にMOMA PS1「サウンドショー、特別プロジェクト:瞑想」展。1990年に「スートラ」ひとつが全てに、全てが一つに展 ICA Philadelphia "Sutra: One thing in everything: everything in one thing", 1990,。以後は数多くの美術館やギャラリーにて展示。

 
 

2000s    2020    ARCHETYPE

             2018    O.KOPYRUSHA

1990s     1998    OMATA IZUMI

             1998    ERIC MEZIL

             1996    M.MIYATAKE

             1995    A.M.WEAVER

             1994    Y.KURABAYASHI

             1994    S.WATANABE

             1990    W.SOZANSKI

1980s     1979    OTHERS