Miki Miyatake/1996/eng

 

Planting the seed of an idea in the here and now


By Miki Miyatake Nishizawa

on Hiroshi Kariya’s “Empty”exhibition at Mizuma Art Gallery, Tokyo

The Japan Times/ Saturday, May 11, 1996/ page 15

“The now is the now is the now is the now is the...”
Hiroshi Kariya continues to write this phrase daily.
Handwritten with a calligraphy brush, it looks like a Buddhist sutra.

In Buddhist thought, the idea of “the now” signifies that living beings should live each single moment of “now”. A string of “now and now and now...” constitutes the whole history of the universe.

Kariya writes “the now is sutra” on both sides of a dried bean seed, going through about 100 beans every night before going to bed. He keeps the finished beans in plastic bags with notes of his daily thoughts. For him, it is similar to
meditation, a practice of being present in the now.
For Kariya, creating art is not separate from his dailychores. Taking each breath could be an exercise of art, and living itself is art.

Three days before the opening day of his current exhibition at Mizuma Art Gallery in Aoyama, Tokyo, he started writing in chalk “the now is the now is the...” in spiral from the center of the concrete floor. The periphery of the
circle is lined with pieces of limestone from Michigan bearing the words “the now is...” written in a spiral of tiny letters.
The writing, which starts from the center of one side of a stone, makes its way clockwise, coiling to the other side of the stone. The beginning and the end of the writing are connected by Kariya piercing a hole in the middle of the
stone. The idea that “there is no beginning and no end” signifies eternity, while at the same time it has a limit as one object.
Going clockwise follows Buddhist custom-a pilgrimage circuit of Buddhist temples in one area is supposed to be done clockwise. The loop without the end seems to be symbolic of reincarnation and the universe where everything
is rotating in transformational stages repeating life and death.
 
“The now is sutra” is engraved on a thick candle placed at the north point of the circle of the text on the floor as well as on glass bowl containing water placed at the south end.
Fire melts the candle and water evaporates from the bowl, and “this transformation fuses with the space at present,” says Kariya. The whole piece visually presents the universe in miniature with an incantation-like spiral text in the middle.
Kariya’s practice of writing on dried beans in January and February 1992 is recorded in two booklets entitled “One day one piece one grasp seed sutra.” On each page, a fourline stanza written by Kariya is printed with the number of
beans he scribbled that day along with date and place.
Based in Brooklyn, N.Y., his poem was first in English:

  One piece of Brahma Day
  One Piece of ‘the now is’
  One Piece of 8,640,000,000 years
  One Grasp of 104 pieces

  (January 18, 1992, Studio, Brooklyn, N.Y.)

His interest and concern expressed in his poems shifted from the conflicts in various parts of the world to a more personal one as he traveled to his hometown Kamaishi in Iwate Prefecture to see his mother, ill with cancer.

The poems he wrote during his stay in Japan frequently contain kanji characters meaning “pain, mother, me, breathe, dream, explain, morning, afraid.”
Kariya’s love for his mother and his suffering over her pain permeate the poems. His writing the seed sutra every night for her recovery and also a means to soothe his feelings.
What Kariya does looks simple, but the visual and spiritual impact of his writings are striking. The magical power of incantation is present, and his ritualistic manner of creation is convincing.
Barefoot, with his hair tied in a pony tail and writing “the now is sutra” on the floor, Kariya may remind us of a lordless samurai living with a Zen priest’s peaceful state of mind. He appears undisturbed by the overwhelming pace of
the outer world.
It is interesting to see Kariya’s Japanese identity, his gracious attitude and power preserved even after living in New York for close to 20 years. He is very much in touch with himself, and it is obvious that his art work comes from
the core of his being. As long as he lives, he will use his hands and mark the path of his life.

  By Miki Miyatake on Hiroshi Kariya’s “Empty”
  exhibition at Mizuma Art Gallery (J), Tokyo
  The Japan Times/ Saturday, May 11, 1996/ page 15

©1996-2007 Hiroshi Kariya & Miki Miyatake Nishizawa

 

宮武三紀/1996/jap


「the now is」という種を蒔く、その視点について

東京・ミヅマアートギャラリーでの刈谷博「空」展について
宮武三紀/ジャパンタイムズ/1996年5月11日土曜日/15ページ


「The now is the now is the now is the now is the......」

 注) 刈谷は、日本語を用いる場合、いま、を「在」と提示します。持続し変化しつづける全てのことです。

「このいまはこのいまがこのいまはこのいまがこのいまはこのいま......」
刈谷博はこのフレーズを毎日書き続けています。
書道の筆で手書きされた仏典のようです。
 
仏教思想では、「いま」という考えは、生き物が「いま」の一瞬一瞬を生きなければならないことを意味します。 「いま、いま、そしていま...」という文字列は、宇宙の歴史の全てを集約しています。

刈谷は、乾燥した豆種子の両面に「The now is 経」を記述し、毎晩、その数およそ100粒の豆を経て就寝します。彼は完成した豆種子をビニール袋に入れ、日々の印象をメモします。

彼にとって、その行為は終わることのない瞑想に存在するようなものです。
刈谷にとって、アートを作るとは彼の日常茶飯事と切り離されていません。息を吸うことは芸術の習いであり、生きること自体が芸術です。

東京・青山のミヅマアートギャラリーでの現在の展覧会の初日の3日前に、彼はコンクリートの床の中央から「今は今です...」とチョークで螺旋状に書き始めました。

記述の円周の外円には、小さな文字の渦巻きで書かれた「The now is...」という言葉の記述がミシガン州の石灰石の周りを囲み並んでいます。
石の片側の中心から始まる書き込みは、時計回りに進み、石の反対側に巻かれます。執筆の始まりと終わりは、刈谷が真ん中に穴を開けることによって接続されること、数珠を暗示します。
数珠の石。「始まりも終わりもない」という発想は永遠を意味し、同時に一つの対象:物としての限界があります。
時計回りに行くことは仏教の習慣に従いますーある地域の仏教寺院の巡礼回路は時計回りに行われることになっています。

 

終わりのない円環は、

生まれ変わりとすべてが存在する宇宙の象徴のようです。
ーそれは生と死を繰り返す変革の段階で回転しています。

「The now is 経」は、床に文字で書かれたの円の北点に配置された厚いろうそくと、南端に配置された水が入ったガラスボウルに刻まれています。
火はろうそくを溶かし、ボウルの水は蒸発し、「この変化は現在の空間と融合します」と刈谷は言います。

作品全体が、真ん中に呪文のようなスパイラルテキストを備えたミニチュア宇宙を視覚的に表現しています。
1992年1月と2月分の刈谷の種子作品に付随した文章は

「一日一句一握種子経」と題された2冊の小冊子に記録されています。

各ページには、刈谷の記述による四行詩が続き番号で印刷されています。
彼はその一日毎に種子経への走り書きを日付と場所と同時に添えます。


 ニューヨーク州ブルックリンを拠点とする彼の詩は、英語が最初です。

 一粒のブラウマの日々
 一粒の「The now is」
 一粒の86億4000万年
 一握の104粒

 (1992年1月18日、スタジオ、ブルックリン、ニューヨーク)

彼の詩に表現された彼の興味と関心は、彼が癌にかかっている母親に会うために故郷の岩手県釜石に旅行したとき、世界のさまざまな地域での紛争からより個人的なものに移行します。

彼が日本滞在中に書いた詩には、

「痛み、母、私、呼吸、夢、説明、朝、恐れ」を意味する漢字がよく含まれています。

 刈谷の母親への愛情と彼女の痛みに対する彼の苦しみは詩に浸透しています。彼は彼女の回復と彼の気持ちを和らげる手段のために毎晩種経を書いています。刈谷の仕事はシンプルに見えますが、彼の著作の視覚的および精神的な影響は印象的です。呪文の魔法の力が存在し、彼の儀式的な創造方法は説得力があります。
裸足で、髪をポニーテールに結び、床に「The now is 経」書いている、刈谷は禅僧の安らかな心の状態で生きている主のない武士を思い出させるかもしれません。彼は外界のその圧倒的な流れの渦に邪魔されることないように見えます

ニューヨークに20年近く住んだ後も、刈谷の日本人のアイデンティティ、優雅な態度、力が保たれているのを見るのは興味深いことです。彼は彼の内なる自身とつながっている、彼の芸術作品がそこから発していることは明らかです。彼の存在の核心とは何であるか。彼が生きている限り、彼は彼の手によって彼の人生の道を示すことでしょう。

刈谷博の「空」について宮武三紀
東京・ミヅマアートギャラリー(J)展
ジャパンタイムズ/ 1996年5月11日土曜日/ 15ページ

 注) 刈谷は、日本語を用いる場合、いま、を「在」と提示します。持続し変化しつづける全てのことです。

©1996-2007刈谷博&宮武三紀

CONTACT

  • Instagram

© 2017 by Hiroshi Kariya. all rights reserved.