倉林靖 「開放系」カタログ評論文、水戸芸術館、1994年

刈谷博の個展『追悼1992』に初めて訪れたときの印象は鮮烈だった。展示会場は一階と三階に分かれていたが、まず「18面経」と題された一階に入ると、廃棄物を袋につめることによって作られた人体が何体も横たわっている。その人体は紐で梱包されており、そこにはチョークで雑然と英文が書きなぐられた黒板の断片が幾つも結び付けられている。何だか分からないが、なにか人間と社会に関わるのっぴきならないメッセージが封印されているのだ、と予感される。


「415 Palestinians」と題された三...

August 14, 2017

Hiroshi Kariya's solo exhibition, "In Memory of 1992", was simply striking. The exhibit spaces were found on the first and third floors. On the first floor was "18 Wraps". Eighteen bodies made of trash bag, transparent plastic sheet, canvas, paint cloth, and cardboard,...

Please reload

Recent Posts

July 26, 2019

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Contact

© 2017 by Hiroshi Kariya. all rights reserved.

  • Instagram